スポンサーリンク

2月の投資資産増減/JTは売りか

株式投資

こんばんは、しまちゃんです。

 

今日は疲れが出たのか、少し風邪っぽく、朝(昼)からダラダラとしていた。ジョジョを見たり昼寝したり投資本を読んだりして過ごしていたが、それ以外は特に何もせず・・。

スポンサーリンク

2月の投資資産損益

+471,385円

2月は相場の上昇に助けられて、かなり調子が良かった。これが単に資産の増加だけでなく、全体投資資産がプラスの状況でなおかつ確定した利益であれば、半分くらいおろして小遣いにしたいところだけどまだまだ全体投資資産は大きくマイナスとなっておりそんな余裕は一切ない。

また、塩漬け銘柄は減っているわけではないため相場の状況が悪化すればすぐに元に戻ってしまうだろう。今後1年から当面にかけての投資目標は、いかに確定利益を増やし塩漬け株を減らすかということになる。

もしこの調子で確定利益も増やすことが順調にできれば、タイミングを見計らい塩漬け株の損切りも念頭に置いている。現在の塩漬け株は、マイナスが大きいだけでなく相場が上げた際にもついてこれず、非常にパフォーマンスが悪い。

JTは月曜に空売りすべきか

JT、1480億円の賠償命令 カナダの健康訴訟で
日本たばこ産業(JT)は2日、健康へのリスク説明が不十分だったとしてカナダの現地子会社に対して起こされた訴訟の控訴審で、ケベック州控訴裁判所から約17.7億カナダドル(約1480億円)の損害賠償の支

2914JTがカナダで、1480億円の損害賠償の支払いを命じられたと報じられている。JTは上告を検討しているが、この件は株価にどのように影響するのだろう。


JTの営業益は2018年12月期でおよそ5,650億円なので、1,480億円は営業利益のおよそ26%に相当する。

具体的にどのような影響があるかは定かではないし詳しくもないが、海外でのたばこ事業を拡大しつつあるJTにとってはこのニュースは方向転換を含め全体的な事業の足かせ及びリスク要因となる可能性があるのではないか。同様の訴訟が提起される可能性も否定できない。

一応月曜日にはデイトレ監視銘柄に入れておき、寄付の様子を見てみたい。ただJTは配当もいいし下げても限定的で、その後再度上昇する、という典型的な不祥事銘柄のチャートを描きそうではある。

 

おわり

 

コメント