スポンサーリンク

15歳の黒人少女が警察に射殺される

海外ニュース/動画

最近アメリカの警察動画をよく見ているので、Youtubeのおススメ動画に上がってきた動画をシェアします。

動画はオハイオ州のコロンバス警察による事件後の記者会見の様子ですが、警察のボディカメラの映像は6:40くらいからスタートします。恐らく、日本時間で今日の朝早く起きたばかりの事件です(現地時間午後4時半ごろ)。

WATCH: Columbus police hold press conference after officer shoots, kills 16-year-old girl

記者会見によれば、警察は騒乱で現場に呼ばれ、一番最初に到着した警察が発砲。

動画は早くて分かりずらいですが、撃たれた少女は15歳(タイトルは16歳となっているものの、記者会見等では15歳と言っています)で、警察が到着すると画面右手側から現れます。


すると別の少女を押し倒し、警察の警告を無視してそのまま向かいの車近辺にいた別のピンクの服の少女に襲いかかります。この時動画では分かりずらいのですが、右手にナイフを持っているのが分かります。これに対し警察が(多分)4発発砲。撃たれた少女は後に病院で死亡が確認されました。

この事件では亡くなったのが黒人で、しかも子どもということですでにアメリカではBLM界隈が騒ぎ始めている様子。Youtubeのコメ欄にも暴動を心配する声がありました。そのほかの目立つコメントとしては

  • スクリーンショット右側の男が最初に倒された無防備な少女の頭を蹴り上げているのですが、意外にもこの男に対するコメントが一番多かったです。この男は警察の発砲後にヒステリックに「まだ子供だぞ!」と叫んでいたので、その行動に非難の声が上がっていました。「おまいう」状態です。
    Maybe if the guy who yelled, “She’s just a kid!”, had tried to stop the girl rather than helping her attack the other girl, the kid would still be alive.(多分「まだ子どもだぞ!」って叫んでる奴が攻撃するのを手伝うんじゃなくて彼女を止めてたら、この子はまだ生きてた)
  • 全体的に撃たれた少女に同情する声は少なく、むしろナイフで他人に襲い掛かるという行動に対して非難的でした(当然ですが)。
    We all agreed that this unfortunate death was a result if the police officer trying save the girl in pinks live?(みんなこの不幸な死は警察がピンクの少女を助けようとして起きたってことでFA?)
  • 意外に多かったコメントは、フラフラ現場をうろついている犬に対してでした。
    The real MVP is that little dog who kept its composure then smoothly walked away when the incident was over(ホントのMVPはあの平静を保って、事件が終わったらスムーズに去って行ったちっこい犬だな。)

 

コメント