スポンサーリンク

Giant Escape R3のリヤブレーキの交換

自転車

こんにちは、しまちゃんです。

今日(4日)は起きてすぐにEscape R3のリヤブレーキの交換作業を行った。ブレーキ本体は到着していたけど、ケーブルも替えてしまおうと考え直し到着するのを待っていた。


こちらがノーマルのリヤブレーキ。もうほとんどの部品を交換してしまったR3だけど、リヤブレーキだけはノーマルのままだった。最近スプリングが弱ってきたからか、タッチが悪くなってきていて握った後の戻りも弱い。


あとこれは前のブレーキもそうなんだけど、ケーブルを留めた先から切れてしまうことが多い。子どもがよく転倒してるからかな?何となくすっぽ抜けそうで怖いのでケーブルも交換することにした。前のケーブルも買ったけど、今度交換することにする。

スポンサーリンク

使用ブレーキ:Simano BR-R353(リヤ用)

シマノ BR-R353 リア BR-R353 ブラック
シマノ(SHIMANO)
¥2,440(2020/06/15 11:50時点)

今回使用するブレーキはこれ。前後用でモノが違うらしい。前ブレーキもこれにしてて、数年前に交換済み。


前ブレーキは台座に数ミリの隙間があいてしまったけどリヤはどうだろうか。やってみるか。ちなみに使用上の問題はない。

交換作業の様子

古いブレーキの取り外し


まずは固定を取り外した上で台座からブレーキ本体を取り外していく。


台座の固定ボルトも、ブレーキレバーのボルトも、ブレーキシューのボルトもすべて5mmのヘックスで統一されているので便利。


ボルトを外すと、当然台座とブレーキ本体は面一(つらいち)となっている。


台座横には3つ穴があって、ブレーキシューとリムの隙間が一番適切になる位置にスプリングの突起を入れる。この写真は掃除後。

基本的には右側も同じようにボルトを外して台座から古いブレーキを取り外すだけ。

古いケーブルの取り外し

順番的には何が正しいのかよく分からないが、ここで古いケーブルを取り除いた。


こんな感じで切れちゃうのよね・・。強く締めすぎ?


こちらの部品も取り外す。新しいブレーキに新品がついていたのでそれを使用する。

ブレーキレバー側の作業

ブレーキレバー側の作業としては、まずブレーキレバー本体のボルトを緩めてしまったほうがやり易い。その上でアジャスター本体を目いっぱい緩めて外し、アジャスターとストッパーの溝(切れている部分)を合わせてからケーブルを外してしまう。


タイコ部分はブレーキレバーの下側(地面側)の切り欠きから抜く。これで完全にケーブルがフリーとなる。レバー側から引けばケーブルはスルスルと抜ける。

新しいケーブルの装着

ブレーキケーブルはマウンテン用のステンレスケーブル。


新しいケーブルの装着はもちろんタイコ側から。ブレーキレバー下部から入れる。


アウターはそのままなので、ケーブルを元通りに通していくだけ。あ、アウター内部にグリスを封入するの忘れた。


ケーブルはブレーキ周辺まで通したらとりあえず放置。

新しいブレーキの取付け


取付ける前に摺動部にグリスを塗布しておく。これは多すぎ。両側に付けた後に少し拭き取った。


左右ともに突起が入る穴の位置は真ん中が適正だった。


まあ何となく分かってはいたけどどうしても隙間ができる。


左がシマノの新しい方。右側が純正。ボルト径は同じだけど、長さがこれだけ違う。新しい方にはワッシャも付属していない。すでに十分短いので、これ以上短くなるのがイヤで新しい方にワッシャはつけなかった。また、すでにネジロックっぽい白いのがボルトに付着しているのでネジロックも塗布せず。

一応前側のブレーキを確認したが、(数年で)緩んでいる形跡はなし。ので多分大丈夫だろう。


台座基部の径が少し太くなっているためブレーキ本体が奥まで入らず、このためにブレーキ本体は台座基部から少し浮かした状態で取り付けることになる。台座(ネジ部)までの距離が結構(数ミリ)ある。


この部品(新品)にケーブルを通した。


ケーブルを留める前にシューの位置を(ある程度)適正に調整。


手で握っているけど、シューのボルトを留めるときはブレーキレバーを思いっきり握った方がいい。


正しいか分からないが、ケーブルを留める前に一応ある程度の左右の片効き調整も行っておいた。調整幅を確保しておく目的もあり。


ケーブルを留めた。


備忘録。レバー側のアジャスターは最終的にはこの位置。この状態だと一番ケーブルが緩んだ状態。※ブレーキ本体側で調整を適正に保っている。


アジャスターボルトを外す方向に持って行くと、ケーブルが張る。どうせ初期伸びでケーブルは緩んでくるので、今回はケーブルを張れる方向に調整幅を持たせた。


こんくらいかな。バイクもそうだけど、余分な遊びが苦手。カチッと効く方が好み。自分はこの自転車にあまり乗らないけど。


カットはいつも緊張する。残す長さの適正値が分からない。後戻りできないし。


長めに切ったつもりだけど・・。


エンドキャップをかしめる。エンドキャップはケーブルに1個付属。


スプリングの突起部分に逃がしたけどこうするならもっと長い方が良かったかも・・。


とりあえず完成。タッチも問題ない。これでしばらく様子を見よう。

 

おわり

コメント