スポンサーリンク

ホンダCD125ベンリーのエンジンをレストア

海外ニュース/動画

日本では1977年に発売し、2001年に最後のマイナーチェンジを行ったビジネスバイクのホンダCD125ベンリーのエンジンを、海外の方がレストアしていました。

Honda CD125 Benly Engine Restoration

こんなバイク


単気筒ではなく、2気筒なんだね。なかなか良さそうなバイクですが、現在は販売していません。エンジンの系譜は違うかもしれないですが、CT125(ハンターカブ)が待ち遠しいです。

スペック・サイズなど

通称名 ベンリィ CD125T
車名・型式 ホンダ・BC-JA03
全長×全幅×全高(m) 1.980×0.780×1.050
軸距(m) 1.28
最低地上高(m) 0.14
シート高(m) 730
車両重量(kg) 142
乾燥重量(kg) 133
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 1.9
エンジン型式 JA03E(空冷・4ストロークOHC・2気筒)
総排気量(cm3) 124
内径×行程(mm) 44.0×41.0
圧縮比 9.4
最高出力(kW[PS]/rpm) 8.2[11]/9,000
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 9.8[1.0]/6,500
燃料消費率(km/L) 52.4(60km/h定地走行テスト値)
キャブレター型式 PDA4B
始動方式 キック式、セルフ式併設
点火方式 CDI式マグネット点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 10
クラッチ形式 湿式多板コイル・スプリング
変速機形式 常時噛合式

現在のC125(スーパーカブ125)と比較しても、馬力はこちらのほうが上です。1周回ってこういうバイクもかっこいいなぁ。

コメント